龍眼を生まれ持つ霊能師・夢の実現道案内人・ブログ作家・
スピリチュアルヒーラーとセラピスト養成スクール代表・
たるみ解消リフトアップサロンオーナー養成事業。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode

♯ 自分らしさとは「自分の哲学(美学)」を知っている人のこと。

「自分探し」や「自分らしさを取り戻す」

探索中の人は、勘違いをしていて、

探すのは自分じゃないのよ。

 

自分は、ここにいて

あなたは自分と別々になることは

できない。

 

探すのは自分ではなく

 

自分の「哲学(美学)」なの。

 

自分なりの哲学が、

あなたの指針を決める羅針盤になる。

 

どう扱われたいか?

どうされたいか?

どうしたいか?

 

哲学を見失うと生きづらくなる。

 

哲学というと、難解な学問のように

とっつきにくい人もいるかもしれないが

自分の美学です。

 

人や社会的などはどうでもいいです。

自分の価値観ですから。

 

「人より短時間で大量の仕事を捌く」

ことかもしれない、

「歌がない人生は考えられない」

「家族のご飯は手作りを食べさせたい」

かもしれない。

 

マメな節電をする人は

「倹約する。無駄を出さない」

哲学をもっている。

 

「自分のバックや服は手作りする。」

という人もいます。

 

美学を認識していないから、

自分の答えが迷子になるんです。

 

想い込み(擦り込まれた)を美学だと

勘違いしているものもあることに

やがて気がつきます。

そして、本当の自分の価値観がわかれば

自分らしく生きることができるように

なります。

 

 

もう一つのブログに記事を更新しました。

【人気セラピスト養成道場】

〜活躍するセラピストに必読情報を

お届けするブログ〜

 

「読者が集まるSNSはこんな風に

なっています」

 

| メッセージ | 08:53 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 東京駅のレリーフに隠された意味

「東京駅のレリーフの秘密」の記事です。

この記事の続きです。)

 

iPhoneImage.png

 

東京駅のレリーフの画像については、

こちらのサイトをご覧ください。

(鹿島建設株式会社様HP)

 

レリーフの【稲穂と鷲】

日本には、鷲が稲穂を運んで飛来して伝来した

伝説があります。

(伝説は大鳥で鷲や鶴だったりします)

 

日本(瑞穂の国)の要の駅に相応しい神話を

レリーフにしたのでしょうね。

 

【花(クレマチス)】

花言葉は「旅人の喜び」

 

 

【剣と鏡】

三種の神器の、

熱田神宮のご神体

「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」、

伊勢神宮のご神体、

「八咫鏡(やたのかがみ)」

を象徴しています。

三種の神器の残り一つ、

「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」は

東京駅の目の前、皇居(宮中)です。

 

天叢雲剣と、八咫鏡は門外不出です。

宮中行事などの際には、勾玉以外は

レプリカを使用するとの事です。

 

【鳳凰・車輪・矢束】

レリーフは車輪にとまっているのですが、

それだと、車輪は桐でできていることに

なりますね。

(鳳凰は桐の木にしかとまらない伝説です。)

 

車輪は、太陽や進化の象徴です。

矢は、一般的に愛の象徴です。

 

【要石は豊臣秀吉の兜をイメージしたもの】

豊臣秀吉の家紋「桐紋」は元々皇室のみが

使える紋でしたが、現代で内閣の紋としても

使われていたりします。500円玉に彫られて

いる植物です。

 

東京駅のレリーフの意味については

記録に残されていません。

意図的に隠してあるのかもしれません。

(象徴に隠された意味を記録に残さない

のは一般的なことです)

 


【活躍するセラピスト養成道場ブログ】

新記事公開しました。

SNSの記事を書くだけで、

人気セラピストになる方法。」

 

 

| メッセージ | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 「鏡の法則」を理解してないから、対人関係がこじれるんですよ。

「相手を見れば自分がわかる」という

「鏡の法則」

 

周囲の人を見て自分を知り、問題を

解決していくきっかけとなることを

教えてくれるものです。

 

だいぶご存じの方が増えました。

このブログの読者の皆様は殆どご存じ

だと思います。

 

自己成長の法則としてとても有効です。

 

最近のご相談者の多くも鏡の法則を

ご存じであることが多く、

「夫が○○なのは、私の鏡ですね」

などと、おっしゃいます。

 

それもある意味正解です。

でも、鏡の法則にはもっと違う意味

があります。

 

鏡の法則は科学的にも説明がつきます

 

人間には、額のところに

【ミラーニューロン】

という、モノマネ細胞があります。

 

赤ちゃんはこのミラーニューロンで、

周囲の大人たちの真似をしながら成長します

ので、日本語を話す親に育てられると日本語

を理解し、日本の文化で育つと日本の文化

を身につけた子に育ちます。

 

ということで、人はもっとも一番接した

人物に似てくるのは当然のことです。

 

ということで、鏡の法則のもっと積極的な

活かし方は。

 

「尊敬する人と付き合うようにする」

 

です。

対人関係を、あなたの尊敬する人、に

したらいいですね。

 

(そもそも、悪いところにフォーカスする

対人関係が良い関係になるわけがない。)

 

尊敬や感動を与えてくれる人物たちとの

交流はあなたをそのような人物へと

導いてくれます。

 

鏡の法則を、悪いところにフォーカスする

だけが、使い方ではないですよ。

見方を変えれば、素晴らしい人に囲まれて

いれば、あなたがそうだから

ということになりますね。

 

 

【人気セラピスト養成道場】ブログ記事を

更新しました。

「SNSの記事を書くだけで、人気セラピスト

になる方法」

 

 

 

 

| メッセージ | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 現実を生きないスピは単なる妄想癖

今の時代は産土参りにしろ
お百度参りだろうとなんだろうと
神仏にそれだけ傾けるエネルギーを
持っているのなら、
さっさと行動した方が
はるかに現実化する。

行動せずにお参りしているのは
神仏に許可をもらおうとしているのに
等しい。

神仏が人を使うんじゃない。
神仏の扱い方を知っている人が
神仏の力をあつかえる。

現実化する行動をせずに
神仏に参ったり
スピリチュアルに没頭するのは
飲尿療法と同じで自己完結してる
に過ぎない。

と思ったりする。

| メッセージ | 09:12 | comments(1) | trackbacks(0) | | |

♯ 好きな人とだけ縁をつなぐこと



熊本地震で延期にしていた関西入り
昨日、大阪入りして施術の日でした。

今日から神戸です。

久しぶりの大阪では、
ずっと6年もの間
毎週施術をご依頼くださっていた
方(現在関西でご活躍)
に施術させていただきました。

久しぶりに触れさせていただいた
お体は疲れがたまっていて
環境の変化の疲労を感じました。

本当に皆さまにとっても
大変な春だったのだと
改めて実感します。

それから


毎朝、自家菜園で朝採りした
お野菜を使ったおばんざい屋さん
でいただいたお食事は
とても優しく美味しい店でした。

天満橋近くの「チアリ」
という店です。

日本人の多くは、嫌われる事に
痛みを感じすぎて
人に嫌がられたと思った瞬間
頭がパニックになる人も
多いです。

大切な人にならともかく
自分を嫌うひとを意識しないで
いいんじゃないかな。

嫌われたら そっちばかり見ちゃって
どうにかしたいと
思う気持ちはわかるけどね。

でも、必ずあなたを好きな人が
居てるから、
そっちに意識を向けて
その人のアドバイスなり
好意なりを基盤にする事を
忘れちゃダメ。

何かあったとき
支えになるのは
嫌いな人ではなくて
あなたを好きな人だけですよ。
忘れないでね。



| メッセージ | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 人生はRPG

望む道(冒険かも)を決断したならば、
家族も 友人も 恋人も 持っているもの
全部なくしても 独りになっても 
身一つで はじめていく

それでも進むから 大いなるものを
得られる。

スライムしか倒さない勇者は
魔王を倒せない。

全部を村にそのままに単身で、
身一つでろくな装備を持たずとも、
レベル1でも魔王を倒すと決心して
旅に出るから魔王へ立ち向かえる勇者へと
成長していく。

家族と離れたくない、独りになりたくない、
旅に出たくくない、
これまでの暮らしを壊したくない。
そんな思いが残っていて成せるほど
勇者の道はへいたんではない。

旅に出て勇者にならねばどうせ全部
最後には魔王に破壊されてしまうのに。

殆どの人は村を旅立たずに魔物に怯えて
過ごす村人を選ぶ。
はなから勇者に守られようと決めている
人もいる。

将来勇者になる旅人も村を出発する時は
怖いだろうし、村のみんなのことが心配か
もしれない。離れがたき人たちを残してで
も見知らぬ世界に旅立つから彼は勇者になる。
おそれを脇に置き、勇気を携えるもの
それが勇者。

それくらいの気持ちと思いと気概が
原動力。
これまでの経験と知識を武器に
立ち上がる。

そんな覚悟もなくやれることなんて
タカガシレイテイル。

少なくとも私は起業する時も
何かを始めるときは、
必ず一人ではじめる。
これまでのお付き合いの誰にも
声をかけない。
全く新規で作り上げていく。

霊能師の役目を受け入れた時から
ある意味、孤独を受け入れた。

人は一人で生まれ 一人で死んでいく

人にすがるな 人に甘えるな
人に同情をもらうな
人に施しを受けようとするな

自分の足で立て
自分の意志を貫け
欲しいものは取にいけ
欲しいものを他人に譲るな


ドラゴンクエストやファイナルファンタジー
などのRPGは人生の道筋そのものなので
生きることの真理がまなべます。
| メッセージ | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 口の悪いロックな天使に助けられた話。辛さから安らぎの心へ。

人はかならず助けて導いてくれる守護天使
とか、守護霊、ガイド、いろんな表現で
あなたのためにサポートする存在がいる。

天使は天と、人とをまっすぐな愛でつなぐ
のをサポートする存在。
だから、人が暗闇に沈むと助けようとして
くれている。天使は、適切な方法で助けて
くれる。自らの価値観や承認欲求を持たない
彼らは無私の存在で無限に役目を果たそうと
する。人間が気づくか気づかないかも関係
しない。

私にもそういう存在に助けられて
抜けだして進むべき道に戻してもらい、
導いてもらい、歩んできました。

今日の話は、口の悪い天使に底なし沼
から助けてもらった話。

世界が思いどおりに行かないといって
壁にぶち当たって先に進めないと
感じて生きていたころは、イラつかせ
られることばかりでイライラ荒れて
ムカついて息苦しかった。

息苦しさは生きる苦しさの
いきぐるしかった だった。

いつの間には、そんな時期を越えて
平和で穏やかな笑いに囲まれた暮らしに
なっていた。

どんなきっかけで世界が変わったのか。

たぶんそこが大切なのだけど、
やっぱり良く言われるように

【自分が変われば世界が変わる】でした。

自分の考え方、感じ方、理解の仕方、
受とり方、自分の物の言い方、態度、
自分がやっぱり良くなかった。

世界は色が変わる虹色の世界なんだな。
それで、フォーカスした色が
自分の世界のカラーになる。

愚痴を言っていた頃は、
何もかも面倒くさがっていた。
カッコつけてたのかもしれないし、
自分はこんなもんじゃないのに、
と思っていたのかもしれない。
ただ、とにかく、思った通りに
ならない自分には
全部が面倒くさかった。
何かやるべきことも全部面倒
くさかったからいちいち、
ああ〜、イヤダイヤダ…

こんなで毎日を過ごしていたら
そりゃそりゃ楽しくない、
苦しいばっかりさね。

周りの人もこの子になんかしてあげよ
なんて思わないですね。

そうそう、いやな状況にも嫌気がさして
そんな自分にも嫌気がさして
他人にどうかしてもらおうとする
人任せをやめて、
自分がやろう。自分が変わろう。
と決めたところから世界の色は変わった。

何で自分ばっかり、自分頑張ってるのに、
誰もわかってくれない、助けてくれない。
こんなに頑張ってるのに、報われない。
あの人いいな。ああなりたいのに。

ぐずぐずして、ぐずぐず言っていたら
ダメだと。でもどうしたらいいのだろう。
と自分を変える決意ができたとき。

「腐ってんじゃねーよ。バカヤロウ。
いい加減にしろよ、時間のムダじゃねーか!」

どっかから声が聞こえて、
「どうでもいいから、文句言わずに、
サッサとやれや!バカヤロウ!」

こういうときに、助けてくれる天使は
とても美しくて優しい存在だと思いこんで
いましたが、現実には、口の悪い、うるさい
男の声に尻を叩かれ続けるようにして

「サッサと立ち会がれよ!
走って、汗でも流してスッキリ毒素
抜いてきやがれ!」

久しぶりに見えない存在からのアプローチ
だったので、とうとう私の頭はイカレタか。
と、て思った。
この頃は、20歳前後で自分の霊能力を
嫌がって拒否していたので、とうとう、
邪霊まで寄ってきたかと。
(私はいわゆる波動の悪い霊に嫌われる
破邪体質です)
これで頭もイカレテ、精神病で人生終わりか〜
って思ったものです。

「ふざけんじゃねーよ、てめえばっかりが
不幸なツラしやがって。」
「結果が出ねーのは、オマエがちゃんと
やらないからだ」
「きちんと生活しろ。ご先祖様に陰膳と
お茶をだせ」
「背筋を伸ばせ。」
「目線を上げろ、まっすぐにものを見ろ」
「お前の口は文句言うためについてんじゃねえ」
「人なんか見るな。お前の進む道だけ見ろ」
「他人なんかくそくらえだ」
「お前を利用する奴のことは無視しろ」
「毎日コツコツかかさずにトレーニングだ」


そんな感じでガンガンくる。
今思えば、めっちゃロックやね。
口の悪いおっさんや、と思っていたけど
ロックな人だったのね。って感じです。

どんな感じかって、一番にているのは
「牙狼」という実写ドラマがあるんですが、
それで主人公の冴島鋼牙が指にはめている
指輪がしゃべるんですが、あんな感じですね。

それはともかく、不幸がって世の中を斜めに
見てた私の性根をまっすぐにしてくれた
ありがたい存在です。

この声は、わたしがまっすぐになっていった後も
落ち込んだりすると、
「落ち込んで動けないなんて、サボるなよ。
落ち込むならやることは決まってるだろ。
負けなくなるまでやれ。」
と正しい心の持ち方を仕込んでいただきました。


スピリチュアルな存在と対話できるからどうとか
という話ではなく、
この存在の言っている本質が大切なのですわ。


 
| メッセージ | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 忘れられないこと。忘れてはならないこと。

今日はこれを書かねばならないですね。
東日本大震災から5年。

もう5年。まだ5年。
15000人が亡くなり
まだ、2561人が行方不明だそうです。

5年前、5月に気仙沼に行ったときの
災害の爪痕がまだそのまま残るあの
風景。現地の人々。決して忘れないです。

私が九州に戻ったのは、津波で破壊された
仙台空港が再開してすぐでした。
福岡までの直行便が回復してなくて
大阪で乗り換えて帰りました。
津波にさらわれた仙台空港は、
ブルーシートで風をふせぎながら
建物内で過ごしたことを覚えています。
昨年、建て直された仙台空港に降り立った
ときの感動と心の痛みが残ります。

3.11の後、4月末〜5月には
宮城の公務員の知人によって
現地に向かいました。

災害にあわれたすべての皆様が癒されますように。

このブログの過去記事に
当時の様子がUPされています
http://dragon-eye.jugem.jp/?eid=1249

 
| メッセージ | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 潜在意識活用術

今日も午後から潜在意識活用術セミナー

名古屋での開催でも
満員で お茶会 懇親会で 参加した方たちとの交流ができたのはとても嬉しいことでした

ひとは人生の最後まで
希望も絶望も持っていて
自分なりに やれるベストを行っている

私が今日もセミナーを開催するのは
誰であろうと 人には明るい未来がある
と理解しているからではなかろうか?


ウツだったり 命に関わる病だったり

それはなんと大変でございましたね

と言うようなハードな人生の人もいらっしゃる中で
私は生きることの 自分なりの答えを持っている

それは 美学 なのかもしれない

多くの人との関わりで気づくのは
落ち込んでいても 人は
希望を見ていて それが実現しないことが
理由だ


潜在意識活用術は
参加者の潜在意識 という パンドラの箱
の蓋をあけることであり
パンドラの箱にある 希望を現実にする
スキームを手にする 技術です



| メッセージ | 12:48 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 大切にしてくれる 愛してくれる

辛いことも続かない 楽しいことも続かない
すべてが諸行無常 光陰矢の如し
色即是空 空即是色

痛みの後には 喜びがある...
喜びの後には 痛みが起きる

ならば 人生の最初に最も大きな苦痛を
経験したことも意味がある

絶頂から落とされるより
奈落から這い上がるほうが よかったとも言えないかい?



かつて 孤独なこどもがいました
 
「私がいてごめんなさい 申し訳ないです
 私がいなくなればいいのに ごめんなさい」
という感情が定着していて 誰にも心を開けなかったこどもでした

幼い自分が 誰かに世話をかけることが 申し訳なくて
悲しくって 人に甘えることができなかった

できるだけ ご迷惑かけないように(きらわれないように)
お利口にして 静かに 一人で いるようにしていました

大人が正しいと思っていることが 
正しいとさせられるのが その子の世界でした

表面を取り繕うことは簡単だった。
だけど、心からそう思ってしていたことは なかった。

ずっと生き辛かった

自分が悪いんだと思っていた

だけど、違うの


自分の思いのままに生きていない人間は
ネガティブな感情になる原因を
自分以外の  環境やひとや経済状況、時代など
自分以外のせいにする


周囲の大人たちが自分の思い通りに生きていないから
不満を本人以外のせいにしていた
幼い魂は素直にそれを感じて信じていただけだった

何度も何度も繰り返しの感情は 魂に定着する

半生は その苦痛に打ちひしがれた
人は生まれ変われる

痛みを手放すと 成長したその子の魂は
たくさんの痛みを知ってきた分だけ
人に愛されたし大切にされてる

今は、 たくさんの人に愛されている幸せに包まれている



 
| メッセージ | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | | |
| 1/5PAGES | >>
::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡