「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 被害者にならないように気をつけて 熊本地震5日目の夜 | main | 支援が変わる時。 地震から7日目の夜 >>

♯ 子ども達のごっこ遊びを奪わないでください 地震から6日目の夜

熊本の地震から、6日目の夜です。
当初、1週間程度余震に備えて
ください。
と報道されましたが
地震から1週間経ちますが、
まだ余震は続きそうです。

熊本市内の被災された子どもたちと
保護者のチームに物資を届けました。

熊本市内の中心部の様子
です。

アーケード通りは
壁や天井が所々落ちて
通行禁止でした。
店はほとんど閉まっています。


熊本城の「城彩苑」には、
救援物資が届いていました。

熊本市役所、
県庁にも届いているそうです。

物資を届ける人が不足しているそうで
取りに来た人には渡しているそうです。





熊本市内の歩道、地割れしています。



下通りのショーウィンドーのマネキン。
地震の揺れでどれの倒れているのに
(下の画像)

ジョジョ立ち」のマネキンだけ、

倒れていません。

このほかにもう一体、
ジョジョ立ちのマネキンだけ
立っていて、
まるで雑魚の吸血鬼を倒した
シーンのように



地震の時は、ジョジョ立ちしていると
いいのかもしれない!!(笑)
荒木先生すごい!(JOJOの作家)
ジョジョ立ちしたくなります
ダイエットになりそうです。



ジョジョ立ち教室のサイトがありました!



そして、崩れた熊本城の石垣です。




地震での緊張も疲れも
マヒした状態から脱する頃。

疲労や徒労感、無力感、不安感が
占める頃。

子ども達は、
地震ごっこをしていました。

親はそれをやめさせようとしました。
そのまま遊ばせてあげてください。

子どもさんの地震の時の辛い経験を
お友達と遊ぶ経験を通して、
地震の記憶とリンクする感覚を
辛さから楽しさの感覚につなぎ治して
トラウマにならないように処理して
いるのです。

これは、東日本大震災の時も
子ども達は津波ごっこをするのを
キッズルームで自然に遊ぶのに
任せて
心理専門家が敢えて見守り
遊ばせる れっきとした
セラピーにもあるくらいです。

どうか、子どもさんたちの明るさ、
前向きさ、呑気さを奪わないでください。
周囲に気を使いすぎたりして
抑え込まないでください。


騒ぎすぎは良くないですが、
楽しく過ごせるように
してあげてください。
明るさに大人は救われることでしょう。

| 熊本地震 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡