龍眼を生まれ持つ霊能師・夢の実現道案内人・ブログ作家・
スピリチュアルヒーラーとセラピスト養成スクール代表・
たるみ解消リフトアップサロンオーナー養成事業。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< やるなら尊敬できる人と苦楽を共にすれば楽しい。 | main | 感謝のメッセージ >>

♯ 「成功脳」と「怠け脳」の判定基準(成功脳と何事も上手くいかない怠け脳の話(3))

【「成功脳」と「怠け脳」判定基準。】

「成功脳」「怠け脳」記事

(1)の記事

(2)の記事

大好評です。ありがとうございます。

自分も当てはまる、理解できる。

家族がそうです。何度も読んでます。

自分のしていることをわかってくれて

教えてくれるのがありがたいという

メッセージもいただきました。

 

「働き脳」と「怠け脳」に

わかれるのは人間だけじゃないです。

蟻や蜂の世界もそうです。

 

一つの部屋に5人いたら、最もキレイ

好きな人が掃除をするので4人は掃除

しない。中の1人は散らかす担当が

いる割合になってしまうそうです。

 

そういうことで、「怠け脳」だからと

いって「怠け脳」はダメですよ。

と言っているわけではありません。

 

「成功脳」はこんな生き方ですよ。

「怠け脳」はこんな生き方ですよ。

「怠け脳」で大変な思いをしている

なら、こうすれば成功脳と同じ脳に

する方法はありますよ。

と私の持っている情報と、

実績成果を出してお役に立ちますように

と思うだけです。

 

本人の意志がどうであれ、

思いと関係なく

「怠け脳」は作動します。

本人の望まない結果を引き起こします。

 

脳は望まないことはしたくない、

いやなんです。嫌なことはしたくない。

だから、誰かに指示されるのが

なんです。

例えば、コピーを10部お願いします。

と上司に言われたとします。

 

脳は知っているんです。仕事を達成

すれば、さらに高度な仕事を任されて

ハードルが上がることを!

 

「成功脳」はこれが喜びです。

頼まれ事を達成し、喜ばれること、

成長していくこと自体が喜びです。

人や社会に役立つことが喜びですから。

 

しかし、「怠け脳」は、

コピーを頼まれることを信頼された

とか、上司の力になれるとかは

思いません。

 

彼らはミッションを

無意識に失敗します

そうやって、周囲が怠け脳の人に

頼みごとをしなくなるようにして

いくのです。

 

「成功脳」と「怠け脳」の判断は

とても見分けやすい基準があります。

 

物事が上手くいかないことや、失敗

することは誰にだってあります。

「成功脳」だって経験します。

 

「成功脳」は、落ち込みません。

落ちこんでも切り替えが迅速です。

人に教えてもらうときも、

失敗した時も、

話を聞きながら学び、理解し、

次はどうすればいいのかを

シミュレーションして効率よく

学ぶ脳です。

 

「怠け脳」は、

落ち込む、嫌になるという、という

自責の念に襲われて動かなくるタイプ

 

全く無責任になんとも思わない、

じゃあ、頼まないでと逆切れ、

上の空、など状況を理解していな

無責任タイプ、

 

違うように理解してました、など

言い訳をするタイプ

 

かみ合わない意見、本筋から外れた理解、

とんちんかんな誤解など、一致しない、

ずれた内容で文句や反撃をしてくる

攻撃タイプ

 

などいくつかのパターンを持ちますが

いずれにしろ、現実逃避します。

 

これは、相手がもう二度と頼む気が

しないようにするためです。

 

断ってもやり遂げたらまた頼まれます

が、頼む気がしないようにしてしまえ

ば二度と頼まれませんから。

 

上手くいかず教えてもらう時に、

落ち込む、嫌になる!ふてくされる。

というのは拒絶しているわけです。

物を理解するうえで非効率なことです。

非効率で達成できないことをやるから

本人は自己評価も自信もつきません。

ダメな自分のレッテルを貼っていきます。

 

幼少期に、物事が上手にできないときに

落ち込んだり、もう嫌になった!飽きた!

と言えば誰かが免除や代理にやってくれた

経験で味をしめて、そういう生き方を

している過去をほぼ全員持っています。

 

こういうことを書くと、

「成功脳」の人は、上手くいかない原因を

そうか!なるほど!メカニズムはわかった!

でどうすればよくなりますか!

と尋ねてきます。改善点がわかれば、

より成長できるのでむしろ喜びます。

 

でも、「怠け脳」の人は。上記のように

他人を攻撃して免除に仕向ける習性です。

 

そもそも文章もちゃんと読まない。

筆者の意図を理解しようとせず、

文字を目でなぞって思いこみ発言

をする。

安直な行動で失敗する習性が

身についているので、

「私はそんなつもりじゃない」など

と反撃してきたり、

「そんなことやっていたんですね」

ショボーン。と落ち込んで

もう話が耳に入りませんモード。

「えーもう自分が嫌になる!」

 

などと、解決するのに役に立たない

非効率で無意味な暴走をします。

 

そのまま受け取らず「脳内変換され」

受け取り方、理解、記憶、がズレる

のも「怠け脳」の特徴です。

 

(1)記事の特徴が当てはまる人で、

記事を理解して自覚した方は、

仕組みを理解して改善プログラムを

やれば「怠け脳」を「成功脳」に

変えていける人たちです。


 

周囲に怠け脳の問題行動で困っている

方は繰り返し読んでください。

 

ご自分が「怠け脳」の「問題行動」

をやっていると自覚した人も

繰り返し読んで、当てはまる過去を

思い出してください。

自分のやっていることを自覚すること

は、時として痛みを伴いますが

脱却プログラムの第一歩でとても

効果のある課題です。

 

怠け脳だと思った方、

身近にこの問題行動で困っている方は、

私のFacebookもご覧くださると

うれしいです。

FBでのコメントもお待ちしています。

文字化して書くことに意味があります。

個別のアドバイスや指導はセッションなど

は、グループセミナー、セッションなど

の対応があります。

告知と募集はメルマガで行っています。

メルマガ読者登録はこちらからお願い

します。

 

| ブレインプログラム | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡