「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 女性は、自身の胎内に神を宿していると幸福を実感する。 | main | 寝ようね >>

♯ 強い思いは 色褪せない

おはようございます。
早朝から移動中です。

毎日ブログで(講座でも)
好きなように発言していますが
(でも、役に立つ事を祈って書いています。)
毎日読んでくださって
読者のみなさん
心からありがとうございます。

何かのきっかけで
読んでくださる読者の皆様に
私ができることは何かを
いつも思います。


かなりの山中に
大昔の人達が石を運び
木材を組み立て
建造した寺社があります。

なんでこんな山奥の何もない
ところに
どうやって 運び 建設したのか?
というところがあります。

理由は伝わっていないけど
その人達にとっては
この場所に意味があったのだろう。

大変な労力 苦労をしても
やり遂げた思いの強さは
いかほどのことか。

数百年 経っても
思いは形を残して
受け継がれて、
こうして 人を感動させる事を
当時の人達は意図していたのだろうか?

毎年、友人知人で数人
訃報が届きます。

ああ、私達は、この世の出口に
向かって進み続けて
もう、順番待ちなのだ。

生命の理を思い出しては
実感します。
当たり前だけど
年齢関係なく
いつ誰が死を迎えるかは
わからないけど、死だけは
絶対的平等の事象。

生きて最後に残るものは
なんなのか?

何が残り 何を残すのか?
そんな事を考えます。


今リオオリンピックが開催中です。
いくつもの試合があり
いくつもの美しい涙が流れる。
昨夜は霊長類最強と言われた
吉田沙保里選手の試合があったが
今回は銀メダルでした。
選手は申し訳ないと
涙を流していた。


アスリートは勝ち続けることは
できない。
いつか、次世代に変わる時が来る。
わかっていることだ。
だけど闘い続ける。
勝つほど、分析されて、
目標にされて険しい闘いになる。

だから、美しい涙が流れる。
最強の選手でなくなっても
記録と感動は残されて伝説になる。

今回の柔道も強いが
選手を指導する監督達も
かつて伝説を作った選手でしたね。
生きている限り、
形を変えようとも
思いは 影響を与えていく。

【私達は何をやって生きて
死んでいきたいか?】
を問えば


とてもとても一人でも
多くの人に何かで役に立って
すごく些細でもいいから

人の役に立って全うしたい
という欲望に忠実であるのだ



と私は信じてる。









| ナマケモノの悟り | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡