「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 花のある暮らし | main | 秋からの活動予定 >>

♯ スピリチュアルだから心理の知識が必要。

離人症 というものがあります。

 

現実感にかけて、他人事のように

感覚が乏しく、他人事のように感じて

しまう症状です。

 

虐待やいじめ、性的被害、

事故、暴力など辛い過去を持つ人

に多かったりします。

 

現実感がなく、当事者なのに

どこか他人事ですので、

受け答えや考え方がずれることも多く

とんちんかんなことになったり、

他者は距離と理解しがたさ

を感じて対人関係が希薄、もしくは

上手くいきません。

 

かれらは、その身に起きた出来事を

単なる報告書を読むように伝えてきたり、

尊厳のひくい扱いをされても

不快感を感じなかったりします。

(他人事だと感じるから)

 

明らかなセクハラを受けても、

気がつかない女性もいました。

指摘しても、いやですね〜。

というだけ。

 

怠け脳だった、というのも要因ですが、

ストレスにさらされ、考えることも、

感じることもやめた人達なのです。

 

スピリチュアルな世界の住人達も

離人症は多いですね。

 

スピリチュアルもヒーリングの専門家なら、

心理学の知識は必須な時代です。

 

人の心を扱うならば、トラウマの正しい

知識と取り扱いを知らずに

セッションなどをするのは

誰のためにもならないです。

 

「私は地球人じゃないから。」

「わたしの魂は、宇宙生まれだから。」

「過去世が〜〜だから、今世では

〜なんです。」

って、そういう場合もなきにしも、

ですが、ほとんどのケースは、

解離性人格障害で、現実逃避、

別人格による多重人格障害、だったり

しますよ。

 

このようなケースでは、抑圧された

自己尊厳がスピリチュアルの世界で

特別扱いされることを望んだ状況を

つくって現実逃避していたりします。

 

昔は宗教にハマっていましたが、

今は依存させて逃避させてくれる

スピリチュアルにハマりますから、

注意が必要です。

 

現実逃避して生きづらさから

目をそらしても救われません。

現世で幸せを得ることが

大切なのではないでしょうか。

 

| メンタルコーチ・メンタルトレーナー | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡