「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 人との間合いがいいと楽になる。 | main | 怒ること、怒られることがやめられない人 >>

♯ 怒らない、怒られないようになっていく方法。

怒るとストレスだし疲れますよね。

後で落ち込むこともあるし。

怒ってしまう、怒られてしまう。

どちらのご相談も多いです。

 

こどもや夫、社員などにすぐに

イライラします。

怒らせられてばかりで、ストレスです。

外に行くと、いろんなダメなものが

目についてイライラ、カッカして

怒ってしまって、自己嫌悪です。

などなど。

 

感情 というのは、

 

目標達成のために

自らが無意識に作り出すもの

 

なので、(このあたりは、

アドラー心理学の本を読むと

わかりやすい)

 

「怒り」は 自分の

思い通りにしようとするために

使われる。

 

怒りで他人をコントロールして

望む状態の場を作り出したい。

という思いです。

 

怒り のパターンは、

過去に身近な大人によって、

「怒られ」コントロールされてきた

人が身につけます。

 

怒られることで、

言うことをきかされた。など

怒りを使って他人にコントロールされた

経験で育つと、

大人になり、

今度は子どもや周囲に対して

怒ることで

望みを叶えるようになります。

 

怒ることで人がコントロールできる

経験しか脳に情報がないので

ほかにやり方を知らないのです。

 

自分の無意識でやっていることを

理解して、

やり方を変えていくことが

できます。

 

 

怒られる。人も、基本は同じ。

怒りで物事がいかにコントロール

出来るかを知っています。

 

怒られた経験から、脳が拒絶反応で

フリーズする、ビクビクする、

しょんぼりしてかわいそうにする

など防衛反応です。

 

そうやって拒絶すると、大抵

ほかの家族が、怒った人をなだめて

くれて、場が壊れるのでそれまで

ひたすら嵐が過ぎるのを待ちます。

 

怒る側も怒られる側も、

ほかのより良いコミュニケーション

スキルを知らないので起きている

衝突です。

 

怒った自覚を持ったとき、

怒られたとき、

感情に支配されてしまい、

脳がフリーズしてしまいますが、

どうしたいのか、

どうして欲しいのか、

心の中の希望を口にするように

していきます。

だんだんと怒らずに、

どうして欲しいかを伝えられる

ようになると、

怒りの感情も減ってきます。

 

 

 

 

 

| マインドプログラム | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡