「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 流れに乗る 意味わかってますか? | main | 怒られる人、怒らせる人のやっていること、対策。 >>

♯ 自分軸を履き違えたら家庭崩壊ですよ。

今日も耳に痛いことを書きましょうね。

グサリと刺さるのに心が喜ぶ

そんな評判の神井のブログです。

 

素直といえば聞こえがいいが、

平和ボケに浸りきって、

単純思考、

右ならえ、

思考停止

している人が多すぎる。

 

それこそが、幸せになれない原因

なのに。

 

キラキラした言葉で結果の出ない

夢を見せるだけの、

ホストよろしくのなんちゃっての

ヒーラーやカウンセラーが多すぎるし、

セミナーなんてやっている。

大枚はたいてホストまがいに現実を変えて

もらおうとする

筋違いの考えをする人が多すぎる。

 

あの人は夢をみせてくれただけだった。

とお金を使ってだまされたといいながら、

神井にたどり着いて、ここに来てよかった

と涙を流す人非常に多し。

 

ホストまがいはだましていない。

都合の良い言葉しか聞きたくなかった

からそこでお金を使ってむなしさが

残っただけです。

 

 

年端も行かない子どもに

「あなたはどうしたい?」

と無茶振りして

子どもの気持ちを大切に、

という言葉をうのみにして

親としての責任放棄して

子どもに嫌われないようにする。

 

 

主人は毎日帰りが遅くて

休みの日も子供と遊んだり

してくれないし、

家のことも手伝ってくれないんです。

 

と愚痴を言う嫁。

 

人は疲れて動けなくなるんじゃない。

ストレスで疲れるから動けなくなる。

 

休みの日に夫が家族のために

動かないのは、

余計に疲れるからです。

 

 

じゃあ、奥さんが旦那さんと同額

稼いでみたらいかがですか?

どうやって稼ぎます?

自分になにかあったら、

家族が路頭に迷うんですよ?

その稼ぎ頭の責任の重さをわかってます?

相手の身になって考えたこと

ありますか?

と質問すると、ハッとされること多し。

 

私が夫の立場なら、誰の稼ぎで主婦

していられるんだと腹が立ちます!

と気づかれる。

 

そう、問題は夫がなにもしないこと

じゃなく、

ご自身が感謝がないから

してやっている、してくれないの

不満とイライラを抱えることに

なるんです。

 

お互いに、利己的で他人のために

動く喜びと感謝を知らないから、

家族も仕事も辛いんですよ。

 

毎日仕事で朝から晩まで一生懸命働く

大変さ、お分かりになりませんか?

 

おこずかいも少なく、子どもができて

余計に節約と将来の不安と責任は増えて。

 

いまどき、将来的にこのまま今の仕事を

続けていたら、

子ども達も養えるお給料が増えていく。

なんて思っていられる仕事って

そうそうないですよね。

 

そういう将来も見ないふりして、

とにかく今を一生懸命に働く。

 

ご自分がパートのお仕事で、

夕方までには家に帰って家族のご飯を

つくって子どもの世話ができるのは、

旦那さんがその分の家計の負担を背負う

からだということを忘れていませんか?

 

 

その人なりに頑張っていること、

いっぱいいっぱいになっていることも

わかってあげられない利己的な嫁と、

休日に家庭を顧みない夫は

似たもの同士。同じことやっているんです。

家族を向いていないのは二人とも同じ。

 

じつはあなたも、休日には

家の世話を休みたいから夫にイライラする

のでしょう。

 

夫は仕事を免除される日があって、

私には家事育児という仕事を免除される

日がないことを不公平だと怒っている。

 

家事育児を、どこかで仕事と思っている。

家族のため、自分の喜びで満たされていない。

同じもの同士なんですよ。

 

他人軸で生きる必要はありません、

いえ、

自分軸以外で生きる必要はありません。

 

だけど、自分軸とは、

傍若無人にふるまうことではありません。

品の備わらない自分軸は、

この世の摂理で壊されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

| 愛され素敵女子ファクトリー | 11:10 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡