龍眼を生まれ持つ霊能師・夢の実現道案内人・ブログ作家・
スピリチュアルヒーラーとセラピスト養成スクール代表・
たるみ解消リフトアップサロンオーナー養成事業。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 邪気祓いができるリンパケアで、家族の健康と運気がよくなる。 | main | 純粋と無邪気。大人のそれと、子どものそれ。 >>

♯ 毎日心がけておけばとりあえず、絶対失敗ではないこと。

11月に入り喪中のはがきが

届き始めました。

 

配偶者を亡くしたあの人は

どんな気持ちでこの葉書を

だしたのか。

亡くなった友人のご家族は

どんな新年を過ごすのだろう。

 

家族を亡くした最初の冬のことを

思い出す。

 

「毎日を大切に」、「命を大切に」、

なんてありふれた言葉は

よく耳にするし、

どれも心に響かなかったけど、

 

【いつか誰もがいなくなる】

実感がわかないことも、

親しい人の死の際に、

忍び寄ってきて斜め後ろから

耳に息を吹きかけられたように

リアルさが胸に刺さる。

 

彼らはどんな気持ちであの世への

橋を渡ったのだろう?

 

自分がこの世を去るとき、

そして

大切な人たちが私たちを残して

ゆく時、

痛みを軽減してくれるものは

なんだろう。

 

それがきっと、

「後悔のない日々。」それも、

「ラビアンローズ(バラ色の日々)」

な人生を過ごしておくことなのだろうね。

 

どんな最後かはその時にならないと

わからないが、

最期の時が穏やかで幸せなもので

あるほどに残された人の悲しみは

和らげられるものではないだろうか。

 

昔、逃げ出して放り出したい

辛い時に、

「武士は背中に傷をつけられるな」

と教えてくれた侍の霊がいたが、

今の世では

「笑顔を絶やさずに死んでいけ」

が理想なのだと思う。

 

 

| 龍眼の錬金術師 | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡