龍眼を生まれ持つ霊能師・夢の実現道案内人・ブログ作家・
スピリチュアルヒーラーとセラピスト養成スクール代表・
たるみ解消リフトアップサロンオーナー養成事業。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 4月満月の龍眼メッセージ | main | アロママジック予約完売しました。 >>

♯ ネガティブサーファー

4月から

自分にとって自然な成り立ちで

望みに沿って現実化をしていく

ように徹底して集中的にやった。

 

その成果は絶大でした。

自然体で本来の自分らしいままで

望みが自然と形になる現実化は

とても奇跡的でマジカルで

日々が居心地がよく楽しい。

生きている実感と充実感に満たされる。

 

 

頑張るとか、精一杯とか

忍耐とか、全然悪いことではなくって

それによって成長や成果など

得られることもたくさんある。

 

だけど、立ち向かうことからの逃避、

不安から動けずに堪えているだけ

だったりなど

進化と成長のない「我慢比べ」

のような単なるストレス負荷をかけ

つづけた状態はいただけない。

 

人生の長期的な経験でみてみれば

それで限界が来るまで頑張るのも

悪くないとも思う。

 

人生のどこかで「あれは最悪だった」と

思える経験をしたら、

そのあとはあれより今がましだと

思えるから楽になる。

 

 

ストレスや嫌なことを避けよう。

とか、

嫌なことはしなくていい、

とは思わない。

 

嫌なことの被害者になるのはだめなのだ

と思う。

 

「夫の収入が少ないから子どもを私立に

いかせてあげられない。」

とかね。

こういうのはダメ。

子どもさんを私立に行かせられないのは、

夫の収入のせいではなくて、

いろんな理由があるだろうけど、

大人の事情があって、現実なわけだから

私立に行かせられないなら、

公立に行くメリットを考える。

なんなら、進学が将来の是非を決定する

ことではないことを考える。

 

被害者になると、

できないこと、

悪いこと

ばかり見てしまう。

被害者にならなければ、

長所、いいこと、チャンスや可能性が

見えてくる。

 

悪いところはリスク管理して。

良いほうに向かう意識に徹底していけば

自分にとって良いほうに進路は開いていく。

 

ほとんどの人は変化することを

無意識レベルで恐れて抵抗する。

私にもそれは起きる。

だからこそ自覚して

ネガティブサーフィンをすることに

長けてきた。

 

ネガティブの感情の波から逃れられない。

逃げてもなくならない。

波乗りできるように攻略するほうが

一番楽で早道。

 

私自身は本来はものすごく怖がり。

高いところも暗いところも、

知らないところも、知らない人も怖い。

 

想像力豊かで不安や心配は尽きない。

だからこそ、リスク管理をして

精度の高い仕事をやっつけてこれました。

 

ネガティブは乗りこなし方を覚える方が

楽になる。

ネガティブな波におぼれそうになっても

何とかなります。

 

被害者意識を持たなくすることで

かなりネガティブ感情は減っていきますし、

世の摂理を知ることで安寧な境地に

至っていけます。

 

◆◇◆NEWS◆◇◆

★完売まであとわずか。

大人気アロママジック。

アロママジック「結-Fate」

 

ご購入予約はこちらのサイトから

「natural earth shop」

 

★5月開講。

リンパケアセラピスト養成講座。

神井式リンパケアのセラピスト講座

5月開催決定しました。

 

================ 
LINE@だけのメッセージが届きます。
ご感想、応援コメントを返信くれると
とっても嬉しいです。


LINE ID:@kamiimana
友だち追加

神井真名メールマガジン(無料購読)
メルマガ登録はこちらから

ガラケーのメールアドレスでのご登録
またはメールアドレスの入力誤りなどは
メールマガジンが受信できません。

スマホやフリーメールアドレス、
などで登録し直してくださいね。
こちらではどうしようもないので
登録し直してみてください。

 

 

| こんなときどうすれば? | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡