「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode
<< 神様と繋がりそのエネルギーと調和する | main | 主体性をとりもどせ。 >>

♯ 天啓を受けて生きる

私は天啓に導かれ活動しています。

経営者やクリエイターとして活動して

いますが、全面的に天啓に従って

成功する道を選んでいます。

 

「天啓に生きる人」と言いますが、

宗教家のように何とかの神様の

お告げに従って活動するのではなく、

 

天の流れに乗り、

自分の本能や本心よりも深く

自分の魂のままに生きる自然と調和し、

生きる者のことです。

 

私はこの天啓に導かれる生き方を選んだ

人間です。

 

天啓で生きるとは、昔から言われる言葉

では「神人合一」とも言います。

 

神と同化し一体とした人間。とは、

本来の魂の声と天の導きに乗って生きる

この世の真理と調和して生きることを

選んだ人のことです。

 

天啓に生きるようになると、

最終的にはなるようになる。

という感じでしょうか。

 

問題も悩みも消えていきます。

 

問題も悩みも頭脳(自我・エゴ)

が作り出して自己アピールしている

状態です。

天啓に生きるようになると

その状態から脱却するので

課題はあっても、問題や悩み、

苦しみはどんどん薄れていきます。

 

 

天啓に生きるとは、

埋め込まれた洗脳や呪縛を外して

自分らしく生きることを選択する

道ですので、

突拍子もないことも時には

選択を迫られますが、

豊かさと心の喜び、そして

より大きな社会貢献があると

感じています。

 

出来事に一喜一憂し、

良否、善悪の判定から卒業し、

ただ天啓を受けている状態は

安寧の心と深い充実感、充足感、

喜び、楽しさに満たされて

穏やかで明るい気持ちでいられます。

 

つまり、

その感覚でいることが

天と繋がり、地に生きている証し

でもあります。

 

iPhoneImage.png

 

 

【NEWS】

★神のご神気を放つアロマ「神代アロマ」

 アロマとマジックのスピリチュアルな

 魔法「アロママジック」の新シリーズ。

 

第一弾!「豊津媛(トヨツヒメ)」

 ◆金運、財運、経済力向上に

 ◆活躍を望む方に

 

詳細・ご購入はこちらから 

「ナチュラルアース公式ショップ」

 

★Youtubeで【龍眼≪Dragoneye≫】読者の

皆様に運気が上がる話を公開しています。

 

「ナチュラルアースチャンネル」

​​​youtubeチャンネル登録お待ちしています。

 

 

「今話題の「竹水」を飲んでみた!」

公開しました!

 

貴重な「竹水」採取を体験してきました!

採れたて竹水を飲んでみました!

 

 

◆Flower Spray 好評発売中☆

調香させていただきました。

MagicFragranceから発売中です。

Flower Spray発売中。

母の日の贈り物にぴったり!

女性のための女性が喜ぶ香り。

 

 

◆naturalearthより発売中

神井真名ブランド

スピリチュアルと数秘とアロマの

奇跡が起きるアロマ

 

癒しとあなたらしさと出会う香り

「アロママジック」

 

 

◆「神井真名」事務局よりのお知らせ◆

最新情報と読者限定の神井真名からの

メッセージが直接届きます。

================ 
神井真名からのメッセージが届きます。
ご感想、応援コメントを返信くれると
とっても嬉しいです。


LINE ID:@kamiimana
友だち追加

神井真名メールマガジン(無料購読)
メルマガ登録はこちらから

携帯メールアドレスでのご登録
またはメールアドレスの入力誤りなどは
メールマガジンが受信できません。

スマホやフリーメールアドレス、
などで登録し直してくださいね。
こちらではどうしようもないので
登録し直してみてください。

 

 

 

| 龍眼 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ コメント

♯ コメントする









コメントをプレビューする?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。


♯ この記事のトラックバックURL

♯ トラックバック

::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡