「スピリチュアル・魂・自分らしく・思いどおりに生きる」魔術師 神井真名
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
神井真名HPへ
twitter
::: PROFILE :::
::: LINKS :::
::: OTHERS :::
::: MOBILE :::
qrcode

♯ ボランティア物資の提供受け入れと、無料配布。(熊本市内)

【22日:物資提供・配布情報】
【支援物資は、一旦23日必着で受け取り終了します】
全国からのありがたい物資を、
ボランティアのありがたい動きによって、
今日も、必要なものを必要な分だけ届けれますように、
みんなで、頑張ります!!!!

〔笋す腓錣仕渡誕弍。
9:00〜18:00対応
080-8954-6322 物資を必要とする方用
080-8953-9437 物資を必要とする方用
080-8954-9457 物資を必要とする方用
090-7292-0853 物資を必要とする方用
※すべての物資があるわけではないですが、
 あるものはお届けします

080-8954-1238 物資を提供してくださる方用
080-8953-9856 物資を提供してくださる方用

080-8954-5375 ボランティア受付
080-8954-6499 ボランティア受付

080-1545-9291 総合受付
需要:物資必要情報は、直接電話いただくか、
直接必要な方と繋いでいただきたいです。
情報が混乱しちゃいます。

¬生義塾の教室で物資の無料配布
4月23日までの、9:00〜17:00
◯大津第2教室
〒869-1235 熊本県 菊池郡大津町 大字室535−2
◯帯山教室
〒862-0924 熊本県熊本市中央区帯山3丁目7−22 ラ・リュミエール 1F
◯京町教室
〒860-0078 熊本県熊本市中央区京町2丁目8−8
◯熊本出水教室
〒862-0941 熊本県熊本市中央区出水1丁目6−12
◯新屋敷教室
〒862-0975 熊本県熊本市中央区新屋敷3丁目9−26 アクシス新屋敷 1F
◯西山教室
〒860-0046 熊本県熊本市西区横手3丁目5−22 第二馬原ビル 1F
◯健軍教室
〒862-0903 熊本県熊本市東区若葉1丁目39−6 吉田ビル 1F
◯けやき通り教室
〒862-0968 熊本県熊本市南区馬渡2丁目12−28
◯田迎教室
〒862-0969 熊本県熊本市南区良町2丁目8−10 HAUB.L.D
◯力合教室
〒861-4131 熊本県熊本市 南区薄場町29

E豸石油の店舗にての物資の無料配布
4月23日までの、各店舗の営業時間 内
◯浜線店
熊本市南区田迎町田井島259-1
◯味噌天神店
熊本市中央区白山3丁目1−1
◯本荘店
熊本市中央区本荘5丁目14−18
◯日赤病院前店
熊本市中央区帯山9丁目4−3
◯菊南店
合志市須屋715
◯田崎店
熊本市西区上代3-1-15
◯西原店
阿蘇郡西原村布田100-5
◯日銀前店
熊本市中央区紺屋今町2-15
◯池田店
熊本市北区池田3-1-46
◯城南店
熊本市南区城南町東阿高280-1
◯カーセブン店
上益城郡嘉島町大字鯰2791-4

《支援金頂けたら↓ 応援お願いします》
急遽対応の為、僕らが東日本大震災支援の時、作った団体口座です。
============
◆肥後銀行
肥後銀行 本店 普通 2455238
名義 東日本大震災熊本支援チーム
実行委員会 代表 栗谷利夫 (クリヤトシオ)
============
◆熊本銀行
熊本銀行 本店営業部 普通 3035139
名義 東日本大震災・熊本支援チーム
実行委員会 代表 栗谷利夫 (クリヤトシオ)
============
◆郵便貯金
ゆうちょ銀行
店名: 七一八 店(ナナイチハチ店)
口座番号: 2275505
東日本大震災・熊本支援チーム
実行委員会 代表 栗谷利夫(クリヤトシオ)
============

| 熊本地震 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 子ども達のごっこ遊びを奪わないでください 地震から6日目の夜

熊本の地震から、6日目の夜です。
当初、1週間程度余震に備えて
ください。
と報道されましたが
地震から1週間経ちますが、
まだ余震は続きそうです。

熊本市内の被災された子どもたちと
保護者のチームに物資を届けました。

熊本市内の中心部の様子
です。

アーケード通りは
壁や天井が所々落ちて
通行禁止でした。
店はほとんど閉まっています。


熊本城の「城彩苑」には、
救援物資が届いていました。

熊本市役所、
県庁にも届いているそうです。

物資を届ける人が不足しているそうで
取りに来た人には渡しているそうです。





熊本市内の歩道、地割れしています。



下通りのショーウィンドーのマネキン。
地震の揺れでどれの倒れているのに
(下の画像)

ジョジョ立ち」のマネキンだけ、

倒れていません。

このほかにもう一体、
ジョジョ立ちのマネキンだけ
立っていて、
まるで雑魚の吸血鬼を倒した
シーンのように



地震の時は、ジョジョ立ちしていると
いいのかもしれない!!(笑)
荒木先生すごい!(JOJOの作家)
ジョジョ立ちしたくなります
ダイエットになりそうです。



ジョジョ立ち教室のサイトがありました!



そして、崩れた熊本城の石垣です。




地震での緊張も疲れも
マヒした状態から脱する頃。

疲労や徒労感、無力感、不安感が
占める頃。

子ども達は、
地震ごっこをしていました。

親はそれをやめさせようとしました。
そのまま遊ばせてあげてください。

子どもさんの地震の時の辛い経験を
お友達と遊ぶ経験を通して、
地震の記憶とリンクする感覚を
辛さから楽しさの感覚につなぎ治して
トラウマにならないように処理して
いるのです。

これは、東日本大震災の時も
子ども達は津波ごっこをするのを
キッズルームで自然に遊ぶのに
任せて
心理専門家が敢えて見守り
遊ばせる れっきとした
セラピーにもあるくらいです。

どうか、子どもさんたちの明るさ、
前向きさ、呑気さを奪わないでください。
周囲に気を使いすぎたりして
抑え込まないでください。


騒ぎすぎは良くないですが、
楽しく過ごせるように
してあげてください。
明るさに大人は救われることでしょう。

| 熊本地震 | 20:31 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 被害者にならないように気をつけて 熊本地震5日目の夜

余震はまだ起き続けている熊本地震から

5日目の夜。



ずっと揺れる余震と、急になる緊急警報

にストレスがかかり続けています。



徐々に、心が被害者になってくる頃です。

物資の不足、避難暮らし、

余震に緊張し怯える暮らし。



ストレスにさらされると、心が被害者

になってきます。

または、ここからは地震の揺れの影響

とは別に、

人的被害(犯罪行為、トラブルなど)が

生じての被害者にならないように

気を付けてください。



情報収集に注意してください。

役に立つ情報、デマ、流言、色々あります。

冷静に判断して、行動してください。



水のペットボトル、カップラーメン、

パン、おむつなど、

福岡県と隣接する市からも消えました。

これは、すぐに補充されるでしょう。

ガソリンも、被災地から離れれば

普通に入れられますから。



警戒と、注意と、不信感を

身を守るためのセンサーにしてください。





PTSD(心的外傷後ストレス障害)を負った

子ども達の相談が

私のもとにも寄せられ始めています。



現地での火事場泥棒、性犯罪、盗撮、暴行、

など犯罪に巻き込まれないように細心の

注意を払ってください。



子どもさん、女性、は決して一人に

ならないようにしてください。

車内で過ごす際はロックをかけてください。

貴重品は肌身離さずに。

暗がりや、人気のない場所に行かない。

トイレも一人で行かない。

人気のない場所に行かない。

知っている男性でも油断しない。

ましてや、いい人そうとか、ボランティア

の人でも油断しない。



これまでの大震災の際には、

避難所で皆が寝ている遮るものがない

場所でも性犯罪が行われています。



自宅に戻る際も、ひとりで戻らない

ようにしてください。

万一があっては大変です。



海外では、誘拐されることもありますし、

男性でもレイプされることもあります。



女の子らしい恰好はやめましょう。

スカートや、授乳姿も見せないように

しましょう。



災害の現場では助け合うのが当然ですが、

獲物の狩場だと思っている残酷な犯罪者も

出没しています。



壊れた自宅の修理という詐欺も

お年寄りや法律を知らなそうな人を

狙ってきます。

早く修理して戻りたいのはわかります。

でも、慌てないでください。





やたらと人についていかない。

食べ物があるから取りにおいでといわれて

車に連れ込まれて暴行されたり

といった例もありますので、決して

ついていかないように。



全く知らない男性が危険だとは限りません。

見知った男性が牙を剝いた過去の例も多いです。



ストレスが強い場合は、揺れのない地域に

避難しましょう

病んでいってまで、避難所や車中暮らし、

余震の中で暮らす必要はないです。



警報や余震で、動機や胸が苦しくなる、

呼吸できなくなる、不安になる、怖くなる

などが起きたときは、

深呼吸を繰り返しましょう。



被災地では、ストレスがたまります。

意図的に、瞑想や深呼吸を繰り返して

意識状態を良くしておいてください。



これから先のことを考えられないくらいに

ダメージを受けているかもしれません。

でも、ずっとこうしているわけには

いきません。



これから先のことを考えましょう。



手続きのこと、制度のことをしらべましょう。

助成金や補償など、あるかもしれません。



これから先は、自宅の掃除、修理、立て直し、

引っ越し、仮設住宅。

いろいろな選択肢があります。



心は水のように、高いところから低い方へ

うつろっていきます。

ストレスが多い環境にいると、

心の調子が下がってきます。

落ち込む心を、そのままにしないように



特に夜に、余震が来ると怖いですね。

心理的負担も積み重なった疲労とストレスが

隠せなくなってきました。



だからこそ、助け合ってがんばります。

物資の確保ができてきました。

こちらにそろった物資から順次

必要とする方に運んでいきます。



| 熊本地震 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 地震から4日目の夜

熊本県下の市町村に、直接個人的に支援
物資を被災地に、と持ち込まれる方が
おられます。お気持ちはありがたいのですが、
熊本県下の市町村では、個人持ち込みの
物資の受け付けや、届ける代行はでき
ないところです。

福岡市では、民間人の支援物資を集めて
送る活動をやっているようですが、
熊本県下は、各市町村で避難所を開設したり
活動していまして、多忙を極めています。
そのような行為はありがたいのですが
民間の団体やボランティア活動、へと、
お願いします。

民間団体の方も、近隣市町村役場に
連絡を入れ、連携を取られることを進めます。
役場では、民間が各自行っている支援活動を
把握する暇がない状況です。

お互いにサポートしあって、
被災地の方への援助をしていければと
思います。

被災地など、避難所に避難されている方へ。
熊本市内、益城町など、で物資不足で
大変な思いをされている方も多いと思います。
熊本県下の市町村に避難所が開設されています。
移動できる方は、熊本市、益城町から離れれば、
例えば、荒尾市や長洲町、などは
物資も、環境もまだいいです。
荒尾市も1000人ほど、避難されている方がいます
が、中には被災地からの避難者もいます。

玉名市、荒尾市、大牟田市まで来れば、
物資も、お店、もガソリンスタンドも
余裕がありますので、移動できる方は、
視野を広くもって、避難活動を行われてください。
ただし、余震の注意や、警察や救助活動、復旧活動、
支援物資運搬車などは優先的に道を譲ってくださいね。


そろそろ、
皆がストレスや不安、不満が蓄積しています。
善意ばかりの世の中でもありません。
これまでの災害時も、詐欺や盗難、性犯罪、
などの犯罪行為も発生しています。
イライラして、感情的になってトラブルも出て
くるころです。

熊本は水がきれいな地域で、あちこちで
井戸水や湧水がそのまま飲める土地です。
自宅の水を行為で開放してくださった方に、
質問攻めにする方や、ごみを散らして帰る
避難者もいます。

私も、熊本にいながら、遠方から熊本に
支援に来る人、実家に戻るへの
道や状況案内などのサポートをしています。
皆が、やれる範囲で良心的に助け合う。
しかし、この状況すら、利用する悪行者も
おります。
こんな状況だからこそ、心が狭くなる場合
もあります。

私も、二晩続けて、地震があった夜は
福岡で仕事をしていて、何時間もかけて
または徹夜をして、何とか熊本に戻って
きました。そして、熊本で地震をしのぎ
ながらサポート活動をしています。

熊本県内の支援物資はヤマト便や、郵便局は
受付不可になっていますが、
私の住んでいる地域には配達されますので
ここから、運ぶ活動も行っています。

がんばるしかないです。
被害者になってしまってはダメです。
心がくじけそうでも、自ら動くこと
を頑張らねばならないです。

私も、もう心が落ちそうになります。
心理の仕事をしているので、そうならない方法を
しっていますが、一般人ならこのまま
落ちていく感情に飲まれることでしょう。

そうならないためには、情報を集め、
この場所、状況、危機を脱することに
集中することです。
そして、隣人と助け合うことです。
人を助けることは、自分の心を救います。



 
| 熊本地震 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 3日目の夜

地震から3日目の夜です。
一日中、余震がきて地震に体が慣れて
きています。
でも、神経がマヒしてきてるということ
でもあります。
揺れる瞬間、呼吸まで動きが止まります。
いい加減、いつ終わるともわからない
状況に疲れも溜まってきています。
私も、二晩続けてハードな夜でした。
昼夜関係なく神経が張りつめています。
自宅は無事ですが、少し離れると被害
がでています。周囲で被害があった
人のところにサポートに行ったり、
物資を探して入手したりして過ごしま
した。

助け合いが必要な状況です。
そのためには物資と情報が必要です。
情報収集することは重要です。
事態を冷静に把握することに努める
必要があります。
大揺れして、今夜から大雨だといいます。
熊本県下では大変なことになっています。

そんな中、FacebookとTwitterはリアルな
情報のやり取りができる、
非常にありがたい役立つツールです。
docomoとNTTはすぐに不通になりました。

気持ちの悪い揺れが続き、今日は私の地域
のスーパーから品物が消えました。

このような時、被災後にいない傍観者の言動に
人間性や知性の差が明確にあらわれています。

「幣立神社」が破壊されました。総理が何が
あろうと消費税増税を実施するといった天罰
だ」と書く人もいました。
「人工地震だ」「テロだ」という人もいます。
「遠隔エネルギーを送ります。無償でヒーリ
ングします」などなど。

どんな思想を持とうがその人の勝手ですが。

地震を、他者を攻撃する口実に使うな。
人工地震だ、遠隔だという前に、
物理的なサポートをするべきなないですか?

遠隔ヒーリングより、情報。物資。募金。
安全な場所。一時の安全な眠り。
それが優先。

私のところにも、多くの方が連絡をくださる。
私のことを本当に案じてくださるものから、
興味本位で話を聞きたい人、
利己的な目線で呆れることを書く人

遠隔ヒーリングそれも、自称「カリスマ」なる
人物が、カリスマなエネルギーを遠隔で送るそ
うだ。
どこでも無償で受け取れる。
ばかばかしい。
小銭でもいいから寄付でもする方がよっぽど
リアルで人の役に立つ。

はっきりというと、
他人の立場の目線ができないで
今何が必要かも理解しない、
勘違いする奴が嫌いだ。

総理に罰が当たったという人より、
今、総理は実際に被災地のために動いている。
でも、あなたは安全なところで人の悪口
いっているだけよね。と思う。

某自衛隊に反対する団体は。
「あなた子を人殺しにさせません」
といいながら、熊本で支援活動していない。

私たちを今、助けているのは、現総理と
自衛隊員と行政だ。

地震を利用して、原発を即時停止しろという
反対派がいる。
原発を止めても、今、万一があれば、どうせ
事故が起きるときは起きる。
放射能は漏れるだろう。
でも、原発を止めれば、電力不足の問題は
どうするのだろうか?
原発賛成とは決して言わない。が、
原発で働く職員たちだって事故を起こしたくは
ない。
感情で騒いだり動いたりするべきではない。


彼らは悪びれもせずに、意見を主張する。
自分らが、地震を利用しているだけだと
わからない解離の人たちだ。

このような非常時にも、何かいいことが
あったとするならば、
本当の思いやりと、偽善、似非、が
明確に見分けられる。
ということがあるのだな。

地震から3日目。
現地の私たちも疲労がたまってきた。
不安やおそれも溜まってきた。
TVの情報も地震に関するものが減ってきた。
でも、現地はまだ、大変なのだ。

地震を利己的な、または、勘違いしたサポートに
利用する人に嫌悪感を感じる。

眠れない日が続きます。
少しでも体力をすり減らさないように、
できるだけ眠って、疲れたら情報も遮断して。
逃げられる人は、しばらく
揺れない地域に避難する方がいい。

家族のアルバムなどこれまでの思い出や、
財産が大切だと思う気持ちもわかります。
でも、まずは、身の安全を何よりも
優先してください。




 
| 熊本地震 | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) | | |

♯ 救援物資の件について

全国に、この熊本地震で現地で
不足している救援物資を届けねば。
と思ってくださっている人が
たくさんおられますが、
落ち着いてください。

今回は広域災害ではないです。
県も各市町村も完全に機能して
おりますし、自衛隊や救助隊も
すでに活動しています。

熊本県内全市町村に災害救助法が
すでに適応されております。

これは、被災地からの依頼に対応
できる連携が、解除されるまで
全市町村が連携プレーの
臨戦態勢でサポート体制ができている
ということです。


民間人が各自、益城町に持ち込んでも
今は、震源地の益城町役場がまだ
受け入れ態勢が整っておりませんので、
ボランティアの救援物資は受け入れても
さばけない可能性があります。


災害救助法適応しているので、
不足物資なども各市町村から対応
できますから、あわてないでください。


東日本大震災、阪神大震災と比較して
被害範囲は大きくないです。
交通も麻痺していませんので、
少し離れた市町村では物資は足りて
います。
大型企業もすでに現地の物資不足
対策をはじめています。

被災地の方、不安で心配でお辛いですね。

でも、内閣はじめ全国民が動いています。
こういう時は、前をむこうとするほか
ありません。

私は災害時、
被災地にボランティア活動
をさせていただきました。

だけども、現地で手引きしてくれる人が
いないと邪魔になることが多いので
必ず現地の役場の人などつてを使います。
近いうちに必ず行きますので、
皆で頑張りましょう。

まずナチュラルアースが始める
ボランティアは、
赤ちゃんのミルクやオムツなど
物資が不足している方、
母子の無料相談、無料ケア、
簡単なリンパ施術
など可能な対応をボランティア
で当助産師が
対応させていただきます。
菊陽在住の助産師です。


スマホが使える方は
こちらのフォームをお使いください。
必要なケア、物品、届け先、情報など
必要事項をご記入の上送信してください。

ナチュラルアースは可能な限りの
ボランティア
をさせていただきます。

http://prem-creato.com/contact



この記事をご覧くださいました読者の皆様、
お手数おかけしますが、この記事を拡散して
現地のサポートの一端となれれば幸いです。



神井真名
 
| 熊本地震 | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | | |
<< | 2/2PAGES |
::: SELECTED ENTRIES :::
::: CATEGORIES :::
::: ARCHIVES :::
::: COMMENTS :::
≡ SPONSORED ≡